おすすめDIY

【古木と琥珀】レジンを使った、古木と琥珀のローテーブルを制作

Pocket

こんばんは。きぬの木堂です。

今回は大工さんから頂いた、古い家を解体した際に廃材として出た古木をリサイクルして

ローテーブルを作ってみます。

2枚の古木を使います

 

こんな2枚の古木を頂きました。

2枚合わせるとテーブルにちょうど良いくらいのサイズになります。

レジンを流し込む準備をする

 

塗装は元々してあったので、コーティングの意味で軽くニスを上塗りしました。

その後に木材にアルミテープを張り、よーく密着するように擦ります。

レジンは『クリスタルレジンNEO』の1.5kgセットを使いました。

透明度が高いのでよく使います。レジンには黄色の染料を3滴程いれて琥珀色に染めました(1.5kgセットに対して3滴です)

軽くレジンを流し込んだ後、木の実や羽を入れる

 

レジンを2~3㎜くらいの厚さになるよう1層分流し入れた後に

木の実や葉っぱ等をレイアウトします。完全硬化する前に最後まで流し込むのがコツです。

最初にレジンを軽く入れて層を作る意味は2つあります。

①:一度に多量にレジンを入れると、アルミテープが重さで剥がれレジンが滲むのを防ぐ

②:1層目のレジンの後に木の実などを配置することで、狙った位置に配置し固定できる

木の実に蓄光パウダーを塗る

 

木の実に蓄光パウダーを塗ってみます。

夜になると黄色い木の実だけ蛍みたいに光るのでキレイです。

レジンを薄く塗った後に蓄光パウダーをまぶします。

残りの琥珀レジンを投入!

 

蓄光パウダーを塗ったら、硬化しきる前に残りのレジンを入れていきます。

穴の淵からレジンがこぼれ出さないよう、慎重に入れていきます。

固まるとこんな感じです。

板を2枚繋ぐ

 

もう一枚も同じようにレジンを流し込み硬化したら、板を繋ぎ合わせます。

繋ぎはダボでつなぎました。

金具で繋げられるかと思いましたがグラつきました。やはりダボがいいですね。

脚をつけて完成!

 

板の接合が出来たら、あとは脚をつけて完成です。

脚は通販で購入しました。シンプルな黒の金属製の脚です。

アンティーク風で落ち着きのある感じに仕上がり大満足です。

古木と琥珀のローテーブルのギャラリー集はこちらからどうぞ。

 

今日のきぬの木メモ

・レジンは層を分けて流し込むとレイアウトしやすい

・各層が硬化しきる前に最後まで流し込むのがコツ

・板の繋ぎは金具よりダボを活用する方が安定する

 

ABOUT ME
きぬの木堂(Kinunoki_Dou)
クリエイター・ハンドメイド作家|ウェディングアイテムや子育てグッズを中心にモノづくりをしています。結婚式や子育て応援のブログも執筆していますので、ぜひご覧ください♪レーザーカッターやパンチニードルなど、新たなモノづくりにも常に挑戦し続けています!
おススメ関連記事
手作り結婚証明書 おすすめDIY

【リニューアル!】大人気のオーダー式 結婚証明書BOXをご紹介します♪

2022-05-28
きぬの木堂|【結婚式+子育て】×モノづくり
こんにちは! 結婚式DIY大好き、きぬの木堂です。 そんなきぬの木堂が展開するオーダータイプの結婚証明書がリニューアルしました。 今回 …
Handmade ring おすすめDIY

【手作り結婚指輪】店舗選びで後悔しない為の選び方ポイントをご紹介

2021-12-12
きぬの木堂|【結婚式+子育て】×モノづくり
こんにちは。きぬの木です! この記事では、結婚指輪を実際に手作りした私達の体験談から ・具体的にどうつくるの? ・品質はいいのかし …

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。