オススメ旅行

【ムーミンバレーパーク】のんびりとした自然とキャラクターに癒される!

Pocket

今年で開業3周年のムーミンバレーパーク。

オープン前からずっと気になっていたのですが、先日初めて行ってきました。

近くにオフィシャルホテルも有り(画像リンクからページ下部に掲載)

ムーミンバレーパークの見どころや事前に知っておくといい情報をご紹介していきます!

特に子連れで行くと、めいっぱい楽しむことが出来る本当にオススメの場所です。

この記事の要約

ムーミンバレーパークのおすすめポイントをご紹介

  • 自然豊かな埼玉県飯能市にあるムーミンバレーパーク
  • ムーミン一家の暮らすムーミン屋敷
  • フィンランドや北欧の空気感がステキです
  • ムーミングッズでは世界最大級の品揃えとなるギフトショップ
  • 特に子連れ旅行にオススメです!

ムーミンバレーパークってこんなところ

ムーミンバレーパーク

埼玉県飯能市にあるムーミンバレーパーク。

自然豊かでのんびりとした北欧のような空気が流れます。

ムーミン谷の物語に登場するムーミン屋敷や灯台、水遊び小屋、物語を追体験できる施設があります。

劇場ではムーミンとその仲間たちの歌とダンスが楽しめる参加型のショーがやっていたり、物語の魅力が詰まった展示施設など、 新しい発見に出会うことができる場所です。

世界最大級の品揃えとなるギフトショップでは、ここでしか買うことのできない多くのオリジナルグッズが並び必見!

ムーミンバレーパーク

レストランでは、北欧とムーミンの世界観を感じながら、オリジナルメニューを楽しめます。

2022年秋に行ってみて

2022年10月の土曜日に行ってきました!
気候の良い行楽シーズンでしたが混雑はなく、思ったよりも空いている印象でした。

オープンから3年経ったこと

敷地が広々していることから混雑も落ち着いているのかもしれません。

カフェやレストラン、フォトスポットで行列に並ぶということもなくとても過ごしやすかったです。

オープン時から価格改定しているようで、

以前はムーミン屋敷やリトルミイのプレイスポット、海のオーケストラ号など

ムーミンバレーパークの入場料とは別途料金が発生したようですが

わたしたちが行った2022年10月には無料(ムーミンバレーパークの1デーパスで入れる)になっていました。

ムーミンバレーパーク
3周年記念のオブジェ。

ムーミントロールとリトルミイ、そしてインク壺とペン。

原作者がペンを走らせムーミン達に命が吹き込まれた思いが込められているそうです。

デートにおすすめ

幼少期からアニメを見てムーミンに親しんでいたのは私だけだったので

夫婦2人で楽しめるかが気掛かりでしたが、ムーミンに詳しくない夫でも楽しめました!

 

四季折々の自然を生かした装飾やフォトスポットがあったり、

原作の大きな魅力である「文学性」や「アート性」を感じることができるので

ムーミンに詳しくない大人の方でも面白いと思います。

ムーミンバレーパーク

わたしたちの行った10月にはハーベストのイベント期間で

音楽の生演奏やワークショップが開催されていました。

ハーベストは11月6日まで開催されているようですよ。

子ども連れにおすすめ

パーク内にはたくさんの家族連れがきていました。

パーク内はムーミン谷の仲間達のキャラクターが遊びにきたり

歌やダンスの劇場があり、景品がゲットできるゲームコーナー

参加型シアターがありお子さん達も1日飽きることなく遊べるでしょう。

 

パークから出て同じ敷地内のメッツァビレッジを歩けば

自然豊かな芝生の広場(ベンチ複数あり)が広がっています。

 

先日もたくさんのお子さんがのびのびと走り回っていましたよ。

自然豊かで草花や木の実もたくさん落ちていました。

お子さん達にとっては宝の宝庫ですね!

ムーミンバレーパーク

写真は栃の実。

硬い殻に覆われて中身は栗のよう。敷地内にたくさん落ちていました。

ムーミン屋敷

ムーミンバレーパーク
幼少期にアニメで親しんでいたムーミン屋敷に入れるということで

一番楽しみにしていました!

オープン当初は整理券が必要だったようで混雑を覚悟していましたが

現在はそこまでの混雑はなく土曜日の11時時点で30分待ちで並んで入れました。

 

並んでる間も屋敷の地下室にはお馴染みのキャラクターが隠れていたり

ムーミンママお気に入りの家具や雑貨、ドライフラワーが飾られていて

飽きることがありませんでした。

 

ムーミン屋敷の家具雑貨はスタッフさん達がフィンランド現地まで行って

一つ一つムーミン谷に合うものを調達したそうですよ!

ムーミンバレーパーク

愛らしいキャラクター達

ムーミンバレーパークではそこまで混雑していないので

キャラクターの方からこちらへ話しかけてくれることがありました!

なかでも好奇心旺盛でくるくるポーズを変えるミィとのやりとりは

かわいくて楽しかったです。

ムーミンバレーパーク

どんな会話ができるかは訪れてのお楽しみですね!

写真対応も一人一人のお客さんに丁寧にポーズを決めてくれました。

ムーミンやムーミンママはジャスチャーで『〇?撮れた?』と確認してくれました。

やさしいです。

ムーミンバレーパーク

今はコロナ禍で触れ合っての撮影はできませんが、

ムーミンママはエアハグ(Air hug)をしてくれました。

もちろんみんな本物ですが、ミイやスナフキンは一段とリアルなので

話しかけていただけるとドキドキしてしまいました(笑)

スナフキンのテント

ムーミン谷の森を進み、一番奥まで行くと見えてくるのがスナフキンのテント。

スナフキンがいることを期待していましたが

私たちが行った時にはここでは遭遇できませんでした…。

それでもスナフキンのテントを覗かせていただくと

中にはスナフキンのシルエットとガサゴソ物音が。

生活音が聞こえたり、来客があったり、テントでの様子が伺えます。

ムーミンバレーパーク

スナフキンファンとしてはいつまでものぞいていたくなります。

閉園間近になってもスナフキンに会えず

少し残念な気持ちで帰路へと向かっていたのですが、、、

と思っていましたが実は帰り道で出会うことができました!

スナフキンのテント以外にも出没するようです。

アーケードゲーム

2箇所に全3種類のゲームがありました。

  1. ハンマーで魚を飛ばして釣り上げるゲーム。
  2. 彗星に見立ててボールを転がす、おさびし山チャレンジ。
  3. ボールを転がしてビンゴを狙うゲーム

単純だけれどコツがいる!子どもから大人まで楽しめるゲームになっていました。

一回500円で成功するとそれぞれムーミン、ミイ、ニョロニョロのぬいぐるみがもらえます!

 

私達の目の前のカップルは二人とも一発で成功し

ムーミンとミイのぬいぐるみをGETしていたので『案外簡単なんだな!』

なんて思っていましたが、私たちは2人で5回やって全部失敗でした…。

チャレンジ失敗でもそれぞれピンバッチがもらえるので何度でもチャレンジしたくなります!

ムーミンバレーパーク
ニョロニョロは同じに見えて全3種類ありました(笑)

写真のニョロニョロ2つもよく見ると微妙にポーズが違うのです。

敷地内にはメッツァビレッジ

ムーミンパークと同じ敷地内(入場料無料)には「メッツァビレッジ」が広がっています。

カフェやレストランがたくさん、北欧雑貨のお買い物スポットもあります。

ムーミンバレーパーク

マルシェなどのイベントも定期開催しているようで、

私たちが行った日にも北欧雑貨のお店やキッチンカーがたくさん出店されて賑わっていました。

その他にも木製カヌーの制作やレンタルができるお店や

アスレチックのネットの森、

湖畔沿いにはベンチがある芝生の広場があり遊ぶ場所にも困りません。

北欧に流れているような、心地よいひとときをのんびりと過ごせて、一日中楽しめますよ。

チケットは前売り券がお得!!

入場料 通常販売 前売販売
大人(1人) ¥3200 ¥3000
子ども(1人) ¥2000 ¥1800

 

 

通常販売より前売販売の方が200円安く

当日券は数に限りがあるので予定が確定している時には前売り券がおすすめです◎

公式サイトから購入できますよ。

公式サイトリンク

ムーミンバレーパーク

イルモリノオト 〜ムーミン谷のナイトウォーク〜

2022年冬は夜だけ期間限定イベントを開催しているそう。

ムーミンの原作ストーリーを体験する新しい「ナイトウォーク」イベント。

夜の訪れと共にムーミンバレーパークのエリアが拡大!
昼間は非公開の森の湖畔沿いのコースを歩くことができるそうです。

光と音の演出にわくわくしそうですね。

期間:2022年1月9日まで

公式リンク

まとめ

ムーミンバレーパーク

豊かな自然とあたたかいキャラクター達に癒されるムーミンバレーパーク。

オープンから3年が経って落ち着いている今が行きどきじゃないでしょうか!

近くにはムーミンバレーパークのチケットとムーミン部屋が用意されたオフィシャルホテルもあります。

ぜひ、大切な人と訪れてみては。

※画像クリックで詳細をご覧になれます。

 

 

ABOUT ME
きぬの木堂(Kinunoki_Dou)
クリエイター・ハンドメイド作家|ウェディングアイテムや子育てグッズを中心にモノづくりをしています。結婚式や子育て応援のブログも執筆していますので、ぜひご覧ください♪レーザーカッターやパンチニードルなど、新たなモノづくりにも常に挑戦し続けています!
おススメ関連記事
白骨温泉 泡の湯 オススメ旅行

【第7弾】アートな場所 白骨温泉すゝめ

2021-09-25
きぬの木堂|【結婚式+子育て】×モノづくり
こんばんは!きぬの木堂です。 今回は長野県松本市にある雪見温泉ができる白色の湯が見事な白骨温泉を、モノづくりのアイデアに繋がるアートな観点も合わせてご紹介します。 白骨温泉の …
パラセーリング オススメ旅行

【新婚旅行で沖縄へ!】高所恐怖症でもパラセーリングはできる!?

2022-08-02
きぬの木堂|【結婚式+子育て】×モノづくり
こんにちは。 新婚旅行でパラセーリングをしてきました!きぬの木堂のきぬこです。 結婚式が終わったら、次は新婚旅行を計画している方も多いので …
ラベンダートラクター オススメ旅行

【第5弾】アートな場所 北海道のすゝめ①

2021-09-22
きぬの木堂|【結婚式+子育て】×モノづくり
こんばんは!きぬの木堂です。 オススメのアートスポット第5弾! 今回は北海道のおすすめアートスポットをご紹介します。自然は最高の芸術。特にキレイだったり面白かった場所を、ア …

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。